株主・投資家情報 IR

株主・投資家の皆さまへ

代表取締役社長 田中滋

株主の皆さまにおかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

さて、第72期第2四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症について、ワクチン接種による社会・経済活動の持ち直しの動きがある一方で、感染再拡大による景気下振れリスクを警戒する状況が続いています。

また、自動車や産業機械など関連業界においては、海外経済の回復に伴い景況感の改善が見られるものの、主力である自動車業界では、半導体不足や東南アジアでの感染拡大に伴う部品不足が生産活動に影響するなど、先行き不透明な状況にあります。

このような経営環境のもと、当社グループにおきましては、「工具をTOKOTON究め、TRASASでつながり、安全・安心の見える化をグローバルに展開する」を基本方針に掲げ、工具事業を核とした成長戦略を展開し、収益・利益の拡大に努めました。とくに新型コロナウイルス感染症の影響に伴う材料不足や価格高騰により企業活動が抑制されるなか、収益性の改善に向け、製品仕様の見直しや加工工法の変更など、全社一丸となってコストダウンに取り組んでまいりました。

今後も、当社グループ一丸となり全力を尽くしてまいりますので、株主の皆さまには、より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。